院長の日常

トライアスロン審判講習会

立春を過ぎて暦上は春ですが、上がったり下がったりする気温に翻弄されそうな日は続きそうですね・・

さて日曜日に日本トライアスロン連合(JTU)の3級審判員講習に行ってきました。(主催は自分が所属している神奈川県トライアスロン連合です)実は昨年この資格を取ろうと思っていたのですが、タイミングを逃してしまい1シーズン経ってしまいました。

5年前にトライアスロンを始めたのですが、どの大会にもマーシャルと呼ばれる審判員の方々が大会を裏側から支えてくださり、選手が安全にレースに臨めるようにコントロールしてくれてます。マーシャル以外にもボランティアで大会を支えてくださる方もたくさんいらっしゃいます。選手たちはその方々のおかげでレースが出来るわけです、また周りにも審判員をしているトライアスロン仲間がいるため、審判員自体は非常に身近に感じていました。

昨年5月の横浜大会にエントリーして、無事に完走したのですがあまりにも満足度が高いレースが出来たためその後、レースにエントリーしないで今日まで至っています(笑)もともと職業柄?人を支えること、裏方であることに喜びを感じるので、今度はマーシャルとして選手、大会を支えてトライアスロンの世界をより楽しみたい!と思うようになり審判員の資格を取ろうと思うようになりました。

image

あまり知られていませんが、トライアスロンの大会前には選手説明会が必ずあり、審判長がルールや当日の注意点などについて説明してくれます。元々3つの種目からなっているためそれぞれの種目にルールがあり、さらにトランジションと呼ばれる種目間の着替えなどをする時間があり、そこにもルールがあります。

今回の3級審判員の講座ではJTUが発行している競技規則を使いながら、トライアスロンとは?という基本的なところからはじまり、swim、bike、run、トランジションそれぞれのルールについて学び、実際にレース中にあった事例などを聞きながら進みました。選手としてレースに出ていたときにやっていたことが、実はルール上はダメだったり、逆に問題なかったりと実はあいまいなままレースに出ていたことが良くわかりました(汗)

これで一応?トライアスロンの大会で審判員としてレースに参加できる準備が整いました。毎年神奈川県内では8レースほど開催されているので、自分のスケジュールと併せて審判員としてレースに参加しようと思います。といっても大それた事は出来ないので、見よう見まねで出来る事をしながら活動してゆくことになると思います。2020年の東京オリンピックのときにも当然審判員は必要になるので、3年後も視野に入れながらレースと審判と両方楽しんでゆこうと思います。

関連記事

  1. 院長の日常

    学校保健委員会講話

    2月に入りました。お正月から1ヶ月、ここから寒さが本格化しますので、イ…

  2. 院長の日常

    横浜シーサイドトライアスロン!

    すっかり朝晩は涼しくなり、街中では金木犀が香り秋を感じる季節になってき…

  3. 院長の日常

    高校アメフト春季大会1回戦vs横須賀学院

    いよいよ4月に入り、気温が上がってきました。4月3日より施術担当が院長…

  4. 院長の日常

    川崎康彦氏による「神経生理の旅」

    九州での震災で被害合われた方々にお見舞い申し上げます。九州での震災…

  5. 院長の日常

    ミニトマト酢漬け

    今週は曇り空が続いて、やたらに湿度が高く蒸し暑い日が続いています。湿度…

  6. 院長の日常

    高校アメフト新人戦vs舞岡高校

    10月も最後になりました。今年も残すところあと2ヶ月・・恐ろしいスピー…

アクセス

〒235-0045 神奈川県横浜市磯子区洋光台3-10-24

PAGE TOP