院長の日常

3月11日

3月11日

あの震災から6年の月日が経ちました

6年で変わった街並み
6年で変わらない人々の暮らし
6年で変わらない心の問題

いろいろな6年があります

image

報道では3月11日が近づくと盛んに現地からの放送が増えます
そして復興しているような印象を与えています
表面上はそう見えますが、弱い方々の声は届いていません

本当の復興はいつやってくるからは分かりません
どれほどの時間が必要かも分かりません

だからこそ、心を寄せて「忘れない」

合掌

 

関連記事

  1. 院長の日常

    気仙沼に行ってきました!

    10月も終わりに近づき、いよいよ冬の足音が聞こえかと思いきや、気温の上…

  2. 院長の日常

    小学校学校保健委員会での講話

    天気がよい日が続いています。日本海側はかなりの雪が降っており、日常生活…

  3. 院長の日常

    自転車恐怖症?

    日曜日はかなり荒れた天候になりましたね。まさに春の嵐でしたが、着実に季…

  4. 院長の日常

    対人関係の改善

    先日友人の悩みを改善させるべく、個人セッションを行いました。相手が接骨…

  5. 院長の日常

    地域貢献・社会貢献について

    地域貢献活動みた接骨院は地域に密着した接骨院でありたいという想…

  6. 院長の日常

    気仙沼に行ってきました!その2

    一般社団法人 i愛NLP協会での気仙沼訪問2日目は、約4年間通い続けて…

アクセス

〒235-0045 神奈川県横浜市磯子区洋光台3-10-24

PAGE TOP