院長の日常

続けること

それにしても気温が下がりました。日本海側は大雪に見舞われて雪かきにかかる労力がかなり負担になっているようです。関東では雪が降ったらかなり混乱しますから、今から準備が大切ですね。

日曜日に辻堂海浜公園に家族で出かけました。大きな広場があるので走り回ったりラジコンをしたりと子供たちにとっては良い遊び場です。たまたま「湘南凧の会」の方々が和凧を揚げていたのでいろいろと話を聞かせていただきました。普通の凧もたくさんある中で、今回は70連凧も揚げていました。これまでに70連凧は見た事がなかったので、その長さと雄大に泳ぐ凧の姿にすっかり見入ってしまいました。聞くところによるとすべて手作りで、同じものを繰り返し繰り返し作り続け、最後に1本の糸に繋げているそうです。それにしても100mを超えるような凧はどうやってあげるのか?と言う部分が気になります(笑)そこそこお年の方々があの長さの凧を持って走るのか??でも公園の大きさを考えても現実的ではなく・・

image

ところで昨夜キングカズこと、三浦和良選手のグアム合宿のことをテレビでやっているのを見ました。jリーグの平均引退年齢が25歳と言われていますが、三浦選手の場合はその倍の50歳!おまけにまだ引退していません。昨シーズンもゴールを決めるなど活躍もしています。

三浦選手のグアム合宿はかなり昔から行われており、毎年いろいろとメニューを変えながら、シーズン中に高いパフォーマンスを発揮するための準備期間として行われているようです。もちろん専属のトレーナーや料理人も同行していて、若手選手も一緒に練習しています。今回驚いたのは本来ならば年々体は衰えてゆくはずなのに、サイズや体脂肪率に大きな変わりがないことです。見た目も10年前とほとんど変わらない!体脂肪率も9%と完璧なアスリートです。

何よりも「一生プロ選手としてサッカーを続けて行きたい」「サッカーしながら死にたい」とまで言っています。年齢的には指導者としての道を歩いてもおかしくないのに現役にこだわる。ここまで三浦選手を突き動かすものは何か?が本当に気になります。

以前のブログにも書きましたが「GRIT・やり抜くこと」の大切さを三浦選手は貫き通しています。(そのときのブログはこちら)毎日、毎年コツコツと続けることが今の三浦選手を作り、パフォーマンスに繋がっていると考えると70連凧を作った方も含めて、何事も続けることって本当に大切ですね。

関連記事

  1. 院長の日常

    心を寄せて

    今年の3月11日で東北大震災から5年となりました。被災された方々に心か…

  2. 院長の日常

    学校保健委員会講話

    2月に入りました。お正月から1ヶ月、ここから寒さが本格化しますので、イ…

  3. 院長の日常

    キッズトライアスロンセミナー!!

    週末はピョンチャンオリンピックで羽生選手の金メダル、宇野選手の銀メダル…

  4. 院長の日常

    こども’ゆめ’応援事業講演会に行ってきました!

    3月2日に隣の地区にある笹下中学校から「こども’ゆめ’応援事業講演会」…

  5. 院長の日常

    「しあわせ脳」の作り方

    4月も中旬近くなり、気温が上がり初夏のような日も増えてきました。そして…

  6. 院長の日常

    高校アメフト秋季大会vs立野高校

    すっかりブログの更新をサボっておりました(汗)気がついたら9月も終わり…

アクセス

〒235-0045 神奈川県横浜市磯子区洋光台3-10-24

PAGE TOP