電話 045-831-7577
ホーム院長のブログë 未分類

院長のブログ
ë 未分類

先週は夏季休暇を頂き、ご迷惑おかけしました。お蔭様で心身ともに骨休めできました。間違えて来院してしまったかたもいらしたようで、申し訳なかったです。 続きを読む »


相変わらず天候が安定しない日が続きます。と思ったら夏日になったり・・5月の天候はちょっとわかりませんね。

さて5月16日、17日は臨時休診とさせていただき、ご迷惑おかけしました。今回は理事を務める「一般社団法人 i愛NLP協会」のイベントが長野県で行われ、その運営のためにお休みを頂きました。 続きを読む »


今年は桜が思いのほか長く楽しめましたが、さすがに気温が上がった先週末にはかなり散ってしまいました。おまけに季節はずれの嵐・・

さて高校アメフト春季大会でのブロックでのリーグ戦も3試合目になりましたここまで2戦2勝で来ていますが、日大高校戦に負けると1敗で並ぶチームが出るため負けるわけには行きません。対戦相手の日大高校とは過去に何回か対戦がありますが、ランにパスに攻撃の幅が広くアスリートが揃っている印象です。 続きを読む »


3月も後半に入り、一雨ごとに春の足音が聞こえます。桜も少し膨らんできたようです。春ももう少しですね。

桜と言えばお花見、お花見と言えば美味しいもの?僕は修行時代に一人暮らしをして料理をしていたことや、実家が日本料理屋だったと言う背景もありますが基本的に美味しいものを食べるのが大好きです。その流れから自分で色々と試しながら何かを作るのが楽しくて仕方がなくなりました。といっても決して豪華なものではなく、死なない程度に食べられるもの、または完成までに時間はかかるけれどたいした手間のかからないものばかり作っていることに気がつきました(笑) 続きを読む »


花粉症の季節になったようです。幸いなことに僕は花粉症ではないですが、マスクにティッシュが手放せない方が増えています。

さて3月5日にトライアスロン仲間の加藤さんが宮古島に移住し、めでたく結婚式を挙げたので1泊2日の弾丸便でお祝いに行ってきました。宮古島と言えば、日本のトライアスロン界ではかなり有名な「宮古島トライアスロン大会」が開催されており、島を挙げてトライアスロンを応援してくれる場所でもあります。 続きを読む »


いよいよ12月になりました。寒くなると思いきや、暖かくなったりと安定しません。急激な温度変化には注意が必要ですね

さて、日曜日は天気が良かったので次男(4歳)と自転車練習をすることにしました。以前から自転車に乗りたい!と言っていたのでチャンスとばかりに公園に行って来ました。 続きを読む »


11月の祝日も終わってしまい、いよいよ師走に向かって突き進む時期です。朝からまさかの雪になって、この冬はどうなるのか??とちょっと不安になりますね・・

さて、これまでみた接骨院では様々なテーピングを利用してきました。コットンテープ、ロイコテープ、キネシオテープ、ソフトエラなどなどあげだすとキリがありません。と言うのも、スポーツ時に使えて(汗や水に強い)、適切に筋肉や関節をサポートできる、さらにコストパフォーマンスが良いテープをずっと捜してきた結果です。いろいろなところからサンプルをもらい、自分でもためし、患者様にも使ってきましたが、なかなかこれだ!と言うものに出会いませんでした。

たまたまオステオトロンを導入したタイミングで、伊藤超短波の荒井さんがKTテープを持ってきてくれました。実は2年前に館山マラソンに出たときに会場でKTテープを貼ってくれるサービスがあり、両膝にKTテープを貼ってフルマラソンを走り、膝周りの傷みを感じることなく完走できました。当時もこのテープは良さそうだなと自分で使って感じていたのですが、すっかり存在を忘れていました(笑)(当時の様子はこちら→

「KTテープ オリンピック レスリング」の画像検索結果

今年のリオ・オリンピックのレスリングやテニスのツアーファイナルなどでアスリートが肩や膝周りにカラフルなテーピングを貼っているのを見たことがあるかもしれませんが、あのほとんどはKTテープで、日本だけではなく世界70カ国でアスリートに使われているテープです。特にアメリカでは多く使われているようです。

今回改めて荒井さんからサンプルをもらい、自分でも使ってみて、スポーツをされる患者様にも使ってみたところ、非常に良い感触だったので、KTテープをみた接骨院でも使ってみることにします。月曜日の朝に荒井さんに電話して注文したら、その日の午後に届けてくれました。amazonよりも早い、さすが陸上部出身です(笑)

image

現在5種類のカラーを用意しています。驚いたことに、自分が好きな色のテーピングを貼るとパフォーマンスに好影響を与えます。好きな色のKTテープを持って前屈すると明らかに柔軟性が高まることがわかっています(僕もやってみましたが、青を持ったら明らかに柔らかくなりました!)テープを利用される方には5種類の中からお好みの色を選んでいただき、必要なところに貼ります。これまでのテープとの違いを感じてください!また購入されてご自分で貼ることもできます。こちらもご相談ください。

<これまでのテーピングとの大きな違い>
・カットがいらない(すでにカットされていて、すぐに使える)
→カットがいらないのは貼るほうも大変便利です
・肌に優しく、高粘着で剥がれにくい
→お風呂もプールも大丈夫です!簡単に剥がれません
・合成繊維素材で形状維持に優れ、ハードに動いても固定力をキープ
→ずっと張力が変わらないので、安心してプレーできます
・カラーバリエーションが豊富(全10色!)
→間違いなく目立ちます(笑)お好きな色を選んでください

これからのマラソンシーズンには最高のアイテムです!もちろん部活や各種スポーツ、さらに日常生活で腰痛予防や膝のサポートなどにもお使いいただけます。お好きな色と、適切なサポート力をぜひ試してみてください!!


タバタトレーニングのように高負荷なトレーニングを行う際には、どこまで追い込めたかを客観的に把握する必要があります。もちろん客観的なデータがなくてもトレーニングは可能ですが、せっかく苦しい思いをするならば、しっかりと効果を得たいですよね?
ところで人が思う「限界」には精神的な限界と生理的な限界の2種類があります。一般的に精神的限界が先に来るため、本当の限界値(生理的な限界値)までは追い込めないことが多いようです。
そこで生理的な限界を客観性をチェックするために「心拍数」を用います。僕は普段からトライアスロンの練習時やマラソンの練習時に心拍計を使って数字を管理しています。走っているときなどは最大心拍の何%くらいの数字かを知る事で、もっと攻められるのか?これ以上は無理なのかをモニターしながら練習をしています。
最大心拍数の90%以上(ゾーン5)は運動の持続が難しいと言われていますが、僕らが取り組んでいるタバタトレーニングでは最大心拍数の90%以上が続くためかなり辛いわけです(汗)が、時間が短いのでどうにか続ける事が出来ます。

image

スピンバイクを導入するに当たって、心拍計を用意しよう!と思ったのですが心拍計は胸にベルトを巻くものがほとんどで、そのベルトからトランスミッターを通じてデータを飛ばしています。心臓のすぐ近くからデータを取っているので正確ですが、胸ベルトは好き嫌いが非常に分かれ特に女性は嫌う傾向が強いようです。また汗をかくとベルトが濡れるため、洗濯して使い続けるのはちょっと非効率的です。

image

そこでこのところ急激に技術レベルが上がった手首で心拍数を計測するガーミン社の「viviosmart HR」を購入しました。これでしたら手首に付けるだけで心拍数をモニターでき、トレーニング終了後にスマートフォンを通じて手軽にデータを残すことが出来ます。また終ってすぐに洗うことが出来るのでヨゴレやニオイを気にすることなく衛生的に次の人が使えます。
スピンバイクを利用する際にはぜひ使って見てください。またご自分の心拍計をお持ちの方は、ぜひお持ちください。なお心拍計の利用は任意です。


í
up
Éお問い合わせ