症例集

足首の痛みで立ち仕事ができない飲食店経営者が絶賛したフォームソティックスの効果

患者様データ

40代男性 飲食店を経営しており、仕事中は立っている。大学でアメリカンフットボールをしており、何度も足首をひねった過去がある。現在は運動はしていないため体重増が止まらない。

症状

仕事で立っていると足首の外側に痛みが出る。座っているときや寝ているときには全く痛みは出ない。プライベートや仕事中に足首をひねった覚えはないし、腫れもない。しばらく様子を見たが痛みに変化がないため来院。

問題を探る

問診、触診等でこれまでの既往歴などを聞き出し状態を確認。腫れなどは認められないものの足首外側に圧痛があり、炎症を起こしているのを確認。外傷的要素が見当たらないため、足関節の構造的な不具合を疑う。FPIなどの足部評価法で評価してみると、問題点があぶりだされた。

治療方針

まずはテーピング等で足首の「ある動き」を制限して、痛みが減るのか?増えるのか?変わらないのか?をチェックすることに。これで痛みが減少するのであれば足関節の構造的な問題を解決しないと、永遠に痛みが取れないことの証明になることを説明して、テーピングを施す。後日様子を聞かせてもらうことに。

その後

後日聞いたところ、テーピングをしていると痛みが明らかに軽減して立ち仕事は楽になることが判明。しかし、テーピングが外れると痛みが再発。やはり足関節の構造的な問題が痛みの原因になっているため、テーピング、サポーター、フォームソティックス・メディカルの使用をおススメした。

フォームソティックスをフィッティング

しばらく様子を見ていたが、仕事中の痛みが気になるためフォームソティックスを入れたいと来院。改めて足部の評価を行い、ご自身の足の状態についてしっかり説明し理解していただく。その後フォームソティックスをフィッティング。またこの際に新しいシューズを購入していただき、どちらも新しい状態で使い始める。

フォームソティックスの感想

検査中にパワーテストをしたところ「??なんで??こんなに変わるの?」を連発していました(笑)また仕事時にフォームソティックスを入れたシューズを履いていると痛みは全くなくなったとのこと。が、自宅に帰ってシューズを脱ぐと痛みが出るそうです。やはり自宅でもシューズを履いてもらうしかないようです。

ひとこと

立ち仕事で足に痛みがあると、痛みが気になって仕事に集中できないというのは容易に想像が付きます。近くに住んでいて、時間的にも自由が利く場合には続けて必要な治療ができますが、そうではない場合には根本的な解決策が必要です。雨漏りしているからと言ってブルーシートをかけても、屋根に穴が開いている部分を正しく塞がなければ雨漏りは止まりません
みた接骨院では患者様と一緒に根本的な解決策を探りながら、なるべく早く痛みを取り除き、よりよい生活ができるようにお手伝いしたいと考えております。

関連記事

交通事故の痛みでお悩みの方

InBody730

地域貢献活動

院長のブログ

WEB予約

お問い合わせ

アクセス

〒235-0045 神奈川県横浜市磯子区洋光台3-10-24

PAGE TOP