電話 045-831-7577
ホーム院長のブログ高校アメフト関東大会!vs佼成学園

11月になり気温も少し下がって過ごしやすい日が続いてきます。気温の乱高下で体調を崩しやすい時期なので、くれぐれも気をつけてくださいね。11月10日は都合で休診となります。

11月最初の日曜日に高校アメフト関東大会が開催されました。今年も秋季神奈川県大会を2位で通過した横浜栄高校は東京1位の佼成学園と対戦となりました。実は昨年も2位だったので佼成学園と戦っており、0対35で完封負けをした相手です。

佼成学園は2年連続で関東大会を制している超強豪チームで、歴史も古くコーチ体制や選手層の厚さはさすがです。また毎年QBのレベルが高くパスを中心とした攻撃を仕掛けてきます。さらに身のこなしの軽いRBがいるのも特徴です。

1772AD86-8A04-4AAB-A8F8-44A52742F194

試合は横浜栄がキックオフリターンで大きく戻し、良い位置からオフェンスがスタートしました。が、佼成ディフェンスの素早い集まりに思うようにプレーが進まず攻撃権を渡します。そこから佼成オフェンスは得意のパスで一気呵成に攻め立てて開始40秒ほどで先制点を取られます(汗)その後も横浜栄オフェンスは佼成ディフェンスに阻まれ得点できず、逆に佼成オフェンスは1Qにさらにパスで追加点をあげ、引き離しにかかってきます。2Qになって横浜栄ディフェンスが耐えに耐えてゴールラインを死守していましたが、反則で流れを渡してしまい追加点をあげられ前半を0対20で折り返します。

D6637212-392E-4E2A-A57D-D105E83D6AF8

後半はディフェンスから始まりました。ハーフタイムに気合を入れなおし、佼成オフェンスを迎えます。ラン、パスを織り交ぜながら前進されますがパントに追いこめることが増えてきて、横浜栄らしさが出てきました。同時にオフェンスもリズムに乗り始めランプレーでゴリゴリ前に進むいつものプレーが出始め待望のTDをあげます!前半よりも流れがこちらに傾き始めますが、さすが王者の佼成学園は簡単にはさせてくれません。4Qに入りやっとオープンのランプレーが出て、そのまま独走TDにつながり、どうにか20点差で食らい付きます。が、そこから佼成オフェンスが得意のパスで得点を重ね、残り3秒ラストプレーで綺麗にパスが決まり突き離されて14対40で負けてしまいました。

やはり王者佼成学園は強かったです。横浜栄も諦めることなく食らいつきつづけましたが力及ばず・・3年生はこれで引退になります。1年生のときには頼りなかった彼らも3年生になって立派にリーダーシップを発揮してチームを引っ張ってくるようになりました。3年間で大きく変化した彼らの歩みを見てきたので、そんな3年生の姿を誇らしくも嬉しく思います。大学でフットボールを続けるかは知らないのですが、どうかフットボールを通じて学んだことを今後も活かしてほしいです。

ということで、しばらくフットボールはお休みです。ちょっと寂しくなりますが来シーズンもまた楽しみたいと思います!

↓LINE@はじめました!使い始めたら、以外に便利ってことが判りました(笑)ぜひ登録してください!

友だち追加


í
up
Éお問い合わせ