電話 045-831-7577
ホーム院長のブログパンプスのフォームソティックス

なんだか天候が安定しません・。降るのか?降らないのか?どっちかにして欲しい今日この頃です。

先日、初めてパンプスにフォームソティックスをフィッティングしました。これまでは運動靴やランニングシューズにフィッティングしてきたのですが、女性で、仕事柄どうしてもパンプスをはかなければならない方が鵞足炎になってしまい、治療の中で相談を受けてフォームソティックスをフィッティングすることになりました。

フォームソティックスは薄いものからいつも使っているものまで様々なバリエーションがあります。しかし接骨院ではすべては用意しておらず、よく使うものをストックしており、それ以外は取り寄せています。今回のフィッティングに使ったものは3/4カットになっているもので、パンプスやヒールなどにフィッティングするために使うモデルです。その中でも薄いもの(シングル)と通常のもの(ダブル)があります。パンプスなどに入れる場合は厚みがあると履きにくいので、今回は薄いものを入れました。

自動代替テキストはありません。

いつもの通り、足の状況を評価してみると、Tさんは過去に膝を手術したことがあり、そちらの足はオーバープロネーションが強く出ていました。そのためパンプスも大きく内側が膨らんでいました。でも痛いのは反対側の足で、オペした方を知らず知らずにかばってしまい痛みが出ているようでした。

IMG_3871

たいていのパンプスは中に薄いクッションが入っています。そのクッションがあるとフォームソティックスを入れることが出来ないので、Tさんの許可を得てクッションを剥がしてそこにフォームソティックスを入れました。この3/4カットは足先が無いので靴の中に固定する際に両面テープを使います。踵が動いてしまうとフォームソティックスの効果が無くなるので、しっかりと固定します。

IMG_3873

フォームソティックスを入れたパンプスを履いたTさんは「いい感じ!」という感想をくださいました。これまでとは違った履き心地になったとおもいます。しばらく履き慣らしていただいて、またフィードバックを頂く予定です。

※パンプス等にフォームソティックスを入れる場合は、加工が必要な場合がほとんどです。また実際に装着して履いてみないときっちり収まるかがわかりませんので、その辺りをご了承いただける方のみフィッティングさせていただきます。

足と靴の関係は予想以上に重要です。足にあった靴、動きにあった靴を正しく選択してください。特に子供たちは関節も柔らかいので、間違えた靴を履き続けるとオーバープロネーションが出る可能性が高いです。不安な場合にはぜひご相談ください。


í
up
Éお問い合わせ