電話 045-831-7577
ホーム整える

整える

治療をして痛みが取れても関節の位置や身体の使い方が正しい状態にならなければ再受傷することもあります。リハビリで正しい身体の使い方を習得いただき、再受傷を予防することが重要なポイントです。
みた接骨院では、そのリハビリに高い効果を発揮する「リアラインデバイス」を使って、骨格・筋肉・関節を矯正し、脳・神経との連動を整えるサポートをしております。

リアラインコンセプト

リアライン(re-align)とは、東大出身の蒲田博士が考案した関節の歪みを早期に矯正することを基盤とした治療法です。みた接骨院ではリアライン・コア、リアライン・シューズを取り入れています。

リアライン・コア

腰と胸に取り付け、歪みを取り、骨盤と胸郭を効率的に対称化・安定化させる補助具です。リアライン・コアを装着してリハビリを行うことで、歪みのない骨盤と胸郭を保った運動パターンを効果的に学習できます。

骨盤をリアライン
歪んだ骨盤を対称化・安定化
胸郭をリアライン
下部胸郭を対称化、拡張改善
運動学習
脳と筋肉が理想のアライメントを学習

リアライン・コアの使用により期待できる効果

姿勢改善

骨盤と胸郭の歪みをリアラインすることで姿勢を改善します。

脊柱可動域改善

骨盤と胸郭を左右対称にリアラインすることで、脊柱の可動域を改善します。

股関節、肩関節可動域改善

骨盤が安定することで股関節の可動域が、胸郭の可動域が改善することで肩関節の可動域が改善します。

筋バランス改善

骨盤周囲の左右の筋活動のバランスを改善します。

体幹部の安定化

対象で安定した骨盤と胸郭によって、コアトレーニングの効果を増大します。


このような方にオススメ

  • 長く腰痛に苦しんでいる方
  • 繰返しギックリ腰をしてしまう方
  • 背中の緊張が強い方
  • 猫背気味の方
  • 産後の骨盤ケア
  • 野球、ゴルフ、テニス、バトミントンなどをする方
  • ランニングをされる方
  • ロードバイクに乗る方
  • 身体を引き締めたい方
  • パフォーマンスアップを望むアスリート

産後の骨盤ケア

出産時には骨盤周りの靱帯が緩み、出産に備えます。しかし産後にそのままにしておくことで、腰痛の原因になったり、お腹お尻周りに脂肪がつきやすくなると言われています。また抱っこを繰り返すことで、骨盤の正しい使い方を忘れてしまう事が多々あります。そこでリアライン・コアを使って骨盤を正しい位置に戻し、筋肉を刺激し、産前の状態に戻すことを目的としています。


引き締めコース

リアライン・コアとパワープレートを併用して引き締め

リアライン・コアで骨盤を正しい位置に戻し、さらに パワープレート で筋肉を刺激して短時間で効果的に身体を美しく引き締めます。なかなか一人では続かないトレーニングも、スタッフがマンツーマンでご指導いたします。


リアライン・コア利用に際して
  • トレーニングは約10分間となります。事前に予約をお取り下さいますようお願いいたします。
  • 骨粗鬆症、もしくはその疑いのある方はご利用いただけません。またご年齢や症状によってはご利用をお断りする場合もございます。
  • リアラインは保険外となります。
  • 治療をしない方でも、リハビリだけ、トレーニングだけでの利用も可能です。

リアライン・シューズ

足首・膝の使い方を効果的に矯正!

リアライン・シューズ

リアライン・シューズとは、靴の上から履くゴム草履のようなもので、裏面に1本、ゲタの歯のようなものがついています。
まっすぐ立とうとすると、そのゲタの歯のお陰でグラグラします。そこでグラグラしない位置で膝の曲げ伸ばしが出来るようにトレーニングを重ねてゆきます。

足首捻挫後のリハビリ
足首捻挫後のリハビリ

膝を正しく曲げるためのリハビリ
膝を正しく曲げるためのリハビリ

怪我をかばう動きが、怪我をするリスクを増やす

下肢を怪我をすると、無意識に痛みを感じないような歩行をするようになります。その結果、本来怪我予防に必要な筋肉を使わなくなり、関節を安定させる筋肉が弱くなってしまい、再発を繰り返すことがあります。足首の捻挫がクセになりやすいのはそのためです。

そこでリアライン・シューズを使うことで、土台に当たる足首周りを正しい位置に矯正し(1本ゲタの歯に乗るため、正しい位置でないと安定が得られません)、連動して膝関節を正しく曲げる感覚を、身体と脳に覚えこませます。


正しい屈曲により、怪我予防・再発防止

膝関節が不安定で、正しく膝の屈曲が出来ないと一部に負担がかかり、痛みが出る場合もあります。特にランニングなど膝の屈曲を繰り返すスポーツでいつも膝の内側、外側など同じ場所に痛みが出る場合は、膝が正しく屈曲出来ていない可能性があります。

正しい足の着地が出来ないと足首が傾き、下腿が捻れるので結果的に膝関節に捻れが生じます。その捻れが繰り返されることで膝関節周囲に炎症を起こしたり前十字靱帯の損傷など、大きな怪我に繋がることもあります。

特に素早いカッティング動作を必要とするスポーツ(サッカー、バスケットなど)では、正しい着地、正しい膝の屈曲を身につけることで怪我の予防、再発防止が可能です。


リアライン・シューズ利用に際して
  • トレーニングの時間は装着含めて 10 分ほどです。スタッフがマンツーマンで指導いたしますので、運動が苦手な方も安心してご利用いただけます。
  • リアライン・シューズは、靴を履いた状態で装着します。普段運動時などにお使いのしっかりと紐を締められる靴をご用意ください。
  • 極端に踵のすり減った靴やへたった靴ではトレーニング効果が半減しますので 場合によって新しい靴をご用意いただく場合もあります。
  • リアラインは保険外となります。
  • 治療をしない方でも、リハビリだけ、トレーニングだけでの利用も可能です。

足整板(インソール)

矯正効果を上げる、セミオーダーの中敷き


足首の内向・歪みがある場合などに

専用形状の足整板が効果を発揮します

足整板とは熱を使ってその方の足の形に合わせるセミオーダーの中敷きです。
ニュージーランド製で世界中で使われております。
中敷きは各会社からいろいろなものが販売されておりますが、コストパフォーマンス、堅さ、使い勝手、効果などを総合的に判断すると足整板は非常に優れた商品です。

この足整板はスポーツ障害だけではなく、膝、足首、腰、首の痛みなど全身の状態を改善することが可能です。またスポーツ障害以外でもO脚、X脚、変形性関節症などによるアライメントの変化にも対応が可能です。

[体を整える] に関する記事

í
up
Éお問い合わせ