電話 045-831-7577
ホーム院長のブログライフサイクルGX講習会に行ってきました

5月も中旬になり、いよいよ気温が上昇してきました。先週のレースでは快適な気温だったのですが、1週ずれていたら相当暑いレースになっていたようです。

さて、金曜日の夜に接骨院にもあるスピニングバイク・ライフサイクルGXの家庭用トレーニングセミナーがあり、販売元のライフフィットネス社に行ってきました。今回の講習会は「forトライアスリート」となっていたので、当然集まったのは関係者ばかりでした(笑)また講師の方はトライアスロン界では有名な山本淳一氏で、山本さんに会って色々と聞いてみたかったのも参加した理由の一つでした。image
ライフフィットネス社はプロユースや家庭用のトレーニング用具を扱う会社で、元々はボーリング用品の会社だそうです。講習会をやった場所はショールームだったので、大量のマシーンが置いてありました。また僕らが毎週行っている栄スポーツセンターにもライフフィットネス社のトレッドミルやエアロバイクがたくさん置いてあります。
参加者は10名で、それに対してバイクは3台だったので、交代で実際に乗りながらあれこれ試しました。参加者のうちスピンバイクを使っていたのは僕を含めて3名だったので、我々は手慣れた感じでシートやハンドルを調整して基本的なペダリングスキルを習いました。

image

ペダリングは単純に見えますが、実は奥が深く「ペダルを踏む」という動作をしながら反対のペダルは「力を抜く」という動作を連続的にしています。が、この連携がなかなか難しく踏んだ瞬間に反対側に力が入っていると抵抗になり無駄な力を使う事になるので、距離が長くなればなるほど疲れます。このペダリングスキルを学ぶためにライフサイクルGXは非常に適しており、さらに負荷を高めることで筋力を高めることが出来ます。また外で自転車に乗るよりも強い負荷を安全にかけられるのも特徴です(タバタトレーニングに向いてますw)
ペダルを回すというのは単純作業ですが、動きがあまりにも速いのでいちいち脳で考えてのんびり命令を出しているヒマはありません。特にロードバイクなどスピードが出る場合は反射に近い感じです。そこで脳からの出る指令で筋肉を動かす神経伝達系をしっかり鍛える必要があるのですが、ライフサイクルGXは安全に神経系を鍛えられます。といっても普通の生活をしている方はそこまでのペダリングスキル必要はありませんが(笑)
トライアスリートやロードバイクに乗られる方は、ぜひご自分のペダリングスキルを高めるためにご利用下さい。また一般の方は有酸素運動やタバタトレーニング、体幹トレーニングとしてこれまでのようにご利用下さい。個人的には体幹を鍛えるためにはライフサイクルGXは抜群だと思います!!
いずれも予約が必要なので、電話もしくは受付にて予約をお願いします。
その際に、どのような使い方をしたいかをお知らせいただけるとスムーズにトレーニングが可能です。


í
up
Éお問い合わせ