電話 045-831-7577
ホーム院長のブログ2020年に向けて

またまた台風が上陸しそうなお天気です。今回も勢力が大きいようで、関東地方には20日から21日にかけて上陸するようです。全国的に自然災害での被害が拡大しています。これ以上被害が拡大しないことを願うばかりです。

「パラリンピック 閉会式」の画像検索結果

リオオリンピックに続き、パラリンピックが閉幕しました。連休だったこともあり、たまたま中継でやっていた走り幅跳び(機能、切断クラス)にすっかり見入ってしまいました。山本選手が渾身の試技を見せて見事に銀メダルを獲得!まさに世紀の大ジャンプと呼ぶにふさわしい素晴らしい試技でした。

また今回初めて視覚障害の女子マラソンが開催され、見事に道下選手が銀メダルに輝きました!144cmの小さな体でピッチ走法を駆使して42kmを駆け抜けました。ちなみに道下選手のピッチは240/1分!!自分が走っているときのピッチが170前後ですから、240は相当です。さらにポッチャや車椅子ラグビーなどこれまであまり知られていないスポーツが脚光を浴びて、悲願だったメダル獲得も果たしました!

ところで9月19日は敬老の日でした。年々高齢者人口が増えて、年金や社会保障費の増大をどのようにして社会が支えてゆくか?が問題になっています。自分の両親もそこそこの年齢で、特に父は80歳を超えて歩くスピードが極端に落ち、なんだか不安定な歩き方に見えます・・。このままでは寝たきりになる確率が上がってしまう!と思い、接骨院でも使っている例の?EMSをプレゼントしました。幸いなことに、父は自分で決めた作業をコツコツと継続することが出来るので、来年の春頃にはそこそこ結果が出ていることでしょう。帰り際に両親には「筋肉はお金じゃ買えない」と強く言っておきました(笑)

リオパラリンピックは最後に銀メダルが続きましたが、残念ながら今回の大会では金メダルの獲得はありませんでした。しかしメダルの獲得があるなしに限らず、パラアスリートが全力で競技に挑む姿は見ている我々に勇気を与えてくれます。また継続して挑み続けることの大切さを教えてくれます。今回のオリンピック、パラリンピックが終わって、日本人アスリートは「東京に向けてがんばります!」と口々に言っていました。もう次の4年はスタートしているのです!東京オリンピックまでの4年間をどう過ごすか?どのような種目でも急に結果は出ません。目標に対してコツコツと努力を続け課題を乗り越えてゆき、やりぬく力が必要です。

あっ、実はコツコツと努力を続けることや、やりぬく力はアスリートだけに限りませんよ!治療についても、筋トレについても全く同じです。都合の良い魔法はないのです!東京オリンピックに向けて、一般人もがんばりましょう!


í
up
Éお問い合わせ