電話 045-831-7577
ホーム院長のブログl 気仙沼

院長のブログ
l 気仙沼

気仙沼2日目はかなり気温が下がって、一気に冬に突入した感じでした。前日の夜もかなり冷え込み、これだけ寒暖の差があると高齢者には答えるだろうなと思うほど、気温が下がりました。

午前中は気仙沼駅近く(といってもそこそこ距離があります)に出来た、表松川災害公営住宅にお邪魔しました。例によって村上さんにくっついてゆく形です。ここの公営住宅は全部で6棟あるのですが、密集しておらず間に民家を挟んで建っています。おまけに自治会が出来上がっておらず、住民同士が交流する機会があまりないという状況のようです。

IMG_4480

それでもこの日は7名ほどの方が集まっており、お茶っこ(みんなで集まってお茶を飲みながらおしゃべりする)が開催されていました。その輪に僕らも入れていただき、お茶をご馳走になりながら整体をさせていただきました。さすがに集会場には布団等は用意されていないので、座っての整体になりました。お茶っこが不思議なのは、我々のように外部の人間が来てもそれなりに盛り上がって、様々な話題があれこれ出ます。こんなことがあった、あんなことがあったとほんの些細なことでも情報交換の場になり、また自分が溜め込んでいる小さな悩み事や困ったことなどをぽろりとこぼし、そしてそれを聞いてくれる場所があることは孤立しないために重要な要素になっているようです。

IMG_4482

午後からは3年前にご縁を頂いて、i愛NLP協会としてメンタルサポートをしてきたSさんのご自宅にお邪魔してきました。今年の3月に仮設住宅から戸建ての災害公営住宅に移られました。以前暮らしていた仮設住宅に比べると非常に広くて住みやすそうな印象を受けました。道を挟んだ反対側は集団移転の土地となっており、お金を用意できた方々が土地を購入し自宅を建てていらっしゃいます。

IMG_4492

昨年の春にSさんにお会いしたときには仮設住宅の集会場でした。漁師もしているご主人が捕ってきたタコを頂きながら、震災の時にどのように避難所でリーダーシップを発揮したかを聞かせていただいたのを思い出しました。この日はお仕事に行ってお会いできませんでしたが、ご主人が捕ってきたカニをつかった「カニばっとう」という汁物をご馳走になりました。初めてSさんにお会いしたときにも振舞っていただき、とても美味しかったので、僕らがお邪魔することになってご用意くださいました。「ばっとう」はすいとんをもっと薄く延ばしたようなのもで、山梨県の「ほうほう」のような感じです。えのき、にらとカニ出汁があいまって、美味しく頂きました。

仮設住宅から公営住宅に移った方々にこれまで何人にも会ってきましたが、公営住宅に移ったからといって必ずしも幸せとも限らないというジレンマを今回も感じました。仮設住宅は家賃がかかりませんが、公営住宅は家賃がかかります。また5年経つと軽減処置がなくなり、家賃が倍くらいに上がると言われています。また公営住宅に移ってから孤独化する方も多く、知り合いがいないため一歩も外に出ないでテレビを見て過ごすと言う方も多くいらっしゃいます。行政レベルでの復興と、市民レベルの復興は同列では考えられないので、なかなか答えの見つからない感じです。これは現場で支援を続けている村上さんや小野さんたちは肌身で感じている感覚だと思います。

気仙沼を訪ねるたびに町の様子が変わって行き、前進しているように感じますが、目線を下げてゆくと悲しい現実も見られてしまうのはここ2年間の実感です。まだまだ復興には時間がかかりそうです。また来年もお邪魔して現場の空気を感じてこようと思います。


いよいよ10月に入り、今年も残すところあと3ヶ月!?あっという間ですね。10月3日、4日は臨時休診とさせて頂きご迷惑おかけしました。しばらくは通常通りとなりますので、よろしくお願いします。

ということで無事に気仙沼から帰ってきました。3日の朝は雨が降っていたのでどうなるか?と思いましたが、気仙沼は曇りでした。メンバーと落ち合って新幹線で一ノ関に入り、そこからレンタカーで市内に向かい、現地コーディネイターの村上さんと落ち合いました。村上さんとは最初に所属していたボランティア団体で気仙沼を訪問してからお世話になり、もう6年ほどのお付き合いになります。

IMG_4458

この日はM仮設住宅にお邪魔しました。ちょっと不便な山の中腹にある仮設住宅で、アラブの王様からプランターを頂いて、みなさんで植物を植えたりして話題になったことがあり以前お邪魔したときには非常に活気がありました。しかし現在は災害復興住宅に移った方が多く、仮設内はがらんとしており活気がありませんし物音も聞こえません。聞くところによると7所帯しか住んでおらず、普段使っていない棟の廊下はクモの巣だらけでした。

IMG_4462

このM仮設住宅のお世話役をしている方お二人が集会場にいらして、お茶を飲みながら整体をさせていただきました。お二人ともすでにこの仮設住宅を出て公営住宅に引っ越されていますが、イベントや掃除のたびにこちらに来て管理されているようでした。お二人とも非常に明るく、前向きですが「身体の痛みも心の痛みも慢性化してしまった」という言葉が非常に重く響きました。特に心の痛みは形があるものではないので、ご自分の中でこれまであったことをどのように消化して納得できるか?にかかっています。お二人は慢性化して常にそういうものとして受け入れて前に進んでいる様に見えました。自分自身を守るためにはこの方法しかなかったのかもしれません。がちがちの背中を緩めながらこれまでのご苦労を指先で感じました。

IMG_4471

夜は現地でずっとお世話になっている小野さんを招いて夕食会でした。気仙沼の魚貝類に舌鼓を打ちながら、小野さんのこれまでを聞かせていただきました。それこそ5年以上毎年会っていますが、毎回はじめて聞く話ばかりで、どれだけ濃い時間を生きてきたのか??と思わざるを得ません。そしてこれまで個人の資産を崩しながらも弱者を見捨てずに支援を続けている根源は「自分のためだから」というシンプルで深いものでした。長く続く気仙沼でも有名な商家に生まれ育ってきた小野さんは「本家を守る」という重大な責務を背負って生きてきました。親戚も含めて自分の周りの困っている人を本家が面倒を見るのが当たり前として生きてこられました。凛とされていて、筋の通った考えをもたれている小野さんの生き方は、いつ会っても心に響くことを伝えてくださいます。

話に夢中になっていましたが、今年は秋刀魚はちょっと不漁で脂が少なくさっぱりでしたが、カツオは脂が乗っており非常に美味しかったです。またハーモニカ(カジキマグロの背びれ部分)も脂が乗っていて非常に美味しかったです。


9月12日の午後は休診にさせていただき、ご迷惑をおかけしています。この日は理事をさせていただいている一般社団法人 i愛NLP協会の定例会議、夜にイベントを開催してきました。

今回はアイスホッケー日本代表のメンタルコーチとして活躍されている株式会社プロコーチジャパンの山家正尚氏をお呼びして、「オリンピック選手のメンタルコーチが明かす意識が全てをつくり出すあり方~使命から原理原則に従い行動する技術~」という題で講演をしていただきました。

IMG_4353

オリンピックに帯同されるコーチと言うことで関心が高かったようで、用意した30席が満員になりました。現在コーチ業をされている方からNLPなどを教えている方など様々な方に参加していただき、さらに現役のJリーガーも参加されていました。

個人的にもコーチングについては非常に興味があり、アスリートに関わって行きたいと考えているので、結果を出されている山家さんがどのようにアスリート、チームと関わっているのか?にとても興味がありました。

IMG_4363

山家さんは自分の舞台で思い切って話せる!ということで、スタートから全開で話して下さいました(笑)心地よいスピード感の中で山家さんが実践して結果を出している理論を色々と話して下さいました。

一般的なコーチングはどちらかと言うと理論的な感じですが、「コーチングは究極の自己対話である」という前提に立っている山家さんは、その自己対話を引き出すコーチングは、予想以上にスピリチュアルな世界観が入っている独自の方法でした。これまで様々なコーチングに触れてきましたが、アスリートが真価を発揮するためにはこんな方法もあったのか!!と目から鱗でした。

IMG_4364

ということで山家さんの講演会は無事に終了しました。参加されたかたがも非常に満足されたようで、今後はコーチングの新しい手法として注目されてゆくかもしれません。

このような講演会の参加費の一部は気仙沼への支援として使わせていただきます。10月3、4日にメンバーと気仙沼に行ってくるので、現地で支援に携わっている村上さんにお渡しする予定です。


いよいよ3月も最終日です。世の中は年度末で、4月1日からの新しい1年のスタート準備をしているところもあることでしょう。みた接骨院の前に出来た「洋光台中央整形外科・せぼねクリニック」さんも4月3日の開業に向けて準備が進んでいるようです。

さて先日行った気仙沼の2日目のレポートです。2日目は新しく出来た災害復興住宅(マンションタイプ)にイベントのチラシを入れるのをお手伝いしました。このチラシは僕が気仙沼に関わるようになったきっかけを作ってくれたC.A.T(元チーム恵比寿)さんのもので、4月にここでイベントを開くそうIMG_3390です。このC.A.Tで最初に気仙沼に来たときにたまたま担当させていただいた牧沢仮設住宅からのご縁で繋がり、これまで気仙沼にお邪魔するようになったので、C.A.Tのチラシを自分が入れるのはちょっと感慨深いものがありました。

 

この日は気仙大島と気仙沼が橋で繋がる記念すべき日でした。元々は数日前に予定されていましたが、風が強くてクレーンで橋を吊るのが難しいため延期になりこの日に決行されました。そこで地元の方と一緒に橋が見える場所に移動して工事を見守りました。これまではフェリーでしか大島に渡ることが出来なかったため、震災のときには大島は長時間孤立してしIMG_3397まったようですが、これからは車で渡れるようになります。この橋は約300mですが気仙大島に住む方々にとっては悲願とも言える工事だったそうです。ちなみに開通は2019年3月です。

 

立派な橋を見たあとに、揃って志津川にある三陸さんさん商店街に向かうことにしました。地元の方々も行ったことがないということで、ちょっと距離がありましたが車3台で向かいました。気仙沼からずっと沿岸部を北上して行ったのですが、どこも堤防を作ったり、河川をコンクリートで整備したりと工事続きでした。また道中に見た標識にも「ここから津波浸水地区」と書かれており、こんな場所まで?とリアルに沿岸部の被害を目の当たりにしました。

IMG_3403

三陸さんさん商店街はこの3月にリニューアルしたばかりで、元々あった場所から移転してきました。商店街のすぐ横には志津川防災庁舎が遺構として残されていました。この防災庁舎で最後まで「高台に非難してください!」と呼びかけていた女性が残念ながら命を落とした話は有名です。さんさん商店街は平日にもかかわらずかなりにぎわっており、お土産だけではなく、接骨院や美容室など生活に密着した店舗があったのが印象的でした。

今回はこれまでになくハード面における「復興」の姿を見ることが出来ました。気仙沼だけではなく沿岸部に広がっている工事の様子も復興に向かって進んでいるのを感じました。が、復興住宅に移られた方々が孤立したり、足がないために買い物や病院へ行けないなど、まだまだ問題は山積です。本当の復興にはかなり時間がかかりそうです。次は10月にお邪魔する予定です。


いよいよ3月もあと2日で終わりです。土曜日からは4月です。

さて、患者様には本人からお伝えしていると思いますが、5年にわたってみた接骨院で研修をしてきた増永君が4月1日で退職します。開業と言う夢をかなえるために、増永君は新しいチャレンジをする決意をし、僕もそれを応援することにしました。近い将来、自分自身の夢を叶える一歩を踏み出すはずです。

ということで増永君がいる3月28日、29日と一般社団法人 i愛NLP協会のメンバーと一緒に気仙沼に行ってきました。メンバーと一緒に年に2回お邪魔するようになって3年目になります。

今回も現地コーディネイターの村上さんと2日間一緒に行動し、気仙沼の現状や地域の情IMG_3374報をお聞きしました。午後からは唐桑にある舞根(モウネ)という地域に集団移転した分譲地に伺いました。そこの集会場で医療相談会が開かれたので、そこに合流して整体をさせていただきながら、日々の四方山話を聞かせていただきました。すでに移転してから1年半ほど経っているものの、医療相談会は初めてだったようです。仮設住宅での会話とは違って、生活がある程度再建されているので前向きな話が多かったのが印象的でした。が、山を切り崩して作ったような場所なので、周辺には何もありません・・バスも来ないような場所なので、車がない方は移動も大変です。これが気仙沼の現状です・・。

IMG_3376

医療相談会のあと、地元の方々と一緒に唐桑半島の高台に移動して、気仙大島と気仙沼が橋で繋がる場所を見学しました。翌日に工事を控えているので、まだ陸路では繋がっていません。この橋は構想から50年の月日が経っており、島の住民の方々にとっては悲願だったようです。

夜は村上さん、IMG_3382気仙沼に初めて来たときにお世話になった小野さん、ボラ宿をなさっている熊谷さんの3名を交えておすし屋さんで夕食会でした。それぞれの立場から今関わっていて必要とされていることや現状を聞かせていただきました。実は予約時に小野さんの名前を出して予約をしたのですが、やはり話題「忖度」があり普通ならば出ないようなハーモニカ焼き、本マグロのカマなどが出てきました。やはりどこの世界でも忖度はあるようです(笑)

 

また元船乗りの熊谷さんは、魚の食べ方を熟知しているので、ハーモニカ焼き(カジキの背びれ)やマグロのカマから美味しいところを余すところなくほぐしてくれました(笑)船乗りの方は本当に美味しい部分をよく知っています。おまけに食べ終わって残ったカマは犬にあげるためにお土産で持って買っていましたw

続く


一般社団法人 i愛NLP協会での気仙沼訪問2日目は、約4年間通い続けている牧沢テニスコート仮設住宅にお邪魔しました(1日目の様子はこちら)実は4年前に初めて気仙沼にボランティアで訪れて担当した仮設住宅が牧沢テニスコート仮設で、そのときに初めて小野さんにお会いし、そこからご縁が続いて今に至っています。あのときにはまさかこんなに長くこの仮設住宅に通い続けるとは思っておらず、自分でもビックリしています。 続きを読む »


10月も終わりに近づき、いよいよ冬の足音が聞こえかと思いきや、気温の上下が激しくて体調を崩しやすい日が続いています。

さて10月25日、26日に一般社団法人 i愛NLP協会として今年2回目の気仙沼にお邪魔してきました(前回の訪問はこちら)i愛NLP協会は311の震災を機会に立ち上がった団体で、復興支援をベースにNLPという手法をどのように社会に還元してゆけるか?を団体を超えて探求しています。ご縁があって3年前から自分がこれまで築いてきた気仙沼での人脈をi愛NLP協会に繋ぐ形で関わりだし、気が付いたら今年から理事に就任していました(笑) 続きを読む »


先週末、鳥取県で大きな地震があり、熊本に続き南のほうで地震が続いており油断は出来ません。不自由な暮らしを強いられている方々が心配です。もちろん関東地方も油断は全く出来ません・・。鳥取の地震とはあまり関係ありませんが、10月25日、26日は一般社団法人 i愛NLP協会として気仙沼に行ってきます。不在となりますので、ご了承ください。 続きを読む »


6月もいよいよ終わりが近くなってきました。梅雨空で天候は不安定・・九州地方は大量の雨で地盤が緩んでおり、危険な状態です。自然災害にはどうやっても勝てないと今更ながら思います。
さて、6月23日にi愛NLP協会の理事として気仙沼に行ってきました。今回は10月の訪問への準備とニーズのリサーチを行ってきました。終わってみたらグルメな一日になっていたのは内緒です(笑) 続きを読む »


6月も中旬になりました。すっかり梅雨模様かと思いきや、日中は天気がよく夜に降るパターンが多いですね。気温も上昇しており、どうしても汗をかきます。当然その分の水分を補給しなければ脱水症状を起こしやすくなります。意識して水分、塩分、ミネラルを補給するようにしてくださいね。「のどが渇いた」と感じる頃にはすでに脱水は始まっていると言われています。トイレに行くのが面倒といって水分を取らない方も多いですが、小便がやたらに黄色で、濃い場合には脱水が進んでいる証拠です。たまにはじっくり観察してくださいね。 続きを読む »


í
up
Éお問い合わせ