電話 045-831-7577
ホーム院長のブログl アスリート

院長のブログ
l アスリート

9月12日の午後は休診にさせていただき、ご迷惑をおかけしています。この日は理事をさせていただいている一般社団法人 i愛NLP協会の定例会議、夜にイベントを開催してきました。

今回はアイスホッケー日本代表のメンタルコーチとして活躍されている株式会社プロコーチジャパンの山家正尚氏をお呼びして、「オリンピック選手のメンタルコーチが明かす意識が全てをつくり出すあり方~使命から原理原則に従い行動する技術~」という題で講演をしていただきました。

IMG_4353

オリンピックに帯同されるコーチと言うことで関心が高かったようで、用意した30席が満員になりました。現在コーチ業をされている方からNLPなどを教えている方など様々な方に参加していただき、さらに現役のJリーガーも参加されていました。

個人的にもコーチングについては非常に興味があり、アスリートに関わって行きたいと考えているので、結果を出されている山家さんがどのようにアスリート、チームと関わっているのか?にとても興味がありました。

IMG_4363

山家さんは自分の舞台で思い切って話せる!ということで、スタートから全開で話して下さいました(笑)心地よいスピード感の中で山家さんが実践して結果を出している理論を色々と話して下さいました。

一般的なコーチングはどちらかと言うと理論的な感じですが、「コーチングは究極の自己対話である」という前提に立っている山家さんは、その自己対話を引き出すコーチングは、予想以上にスピリチュアルな世界観が入っている独自の方法でした。これまで様々なコーチングに触れてきましたが、アスリートが真価を発揮するためにはこんな方法もあったのか!!と目から鱗でした。

IMG_4364

ということで山家さんの講演会は無事に終了しました。参加されたかたがも非常に満足されたようで、今後はコーチングの新しい手法として注目されてゆくかもしれません。

このような講演会の参加費の一部は気仙沼への支援として使わせていただきます。10月3、4日にメンバーと気仙沼に行ってくるので、現地で支援に携わっている村上さんにお渡しする予定です。


気温があがったり下がったりとちょっと不安定な春の陽気ですが、今年も恒例の?横浜トライアスロン大会が開催されました。今年で8年目の開催となり、認知されるようになったことで会場はたくさんのお客様で溢れました。

5月16日、17日は臨時休診となりますのでご注意ください

続きを読む »


先週は2件のフォームソティックスのフィッテイングを行いました。それも珍しく?男性が2名でした。

※みた接骨院で扱っている「フォームソティックス」というインソールは医療用矯正インソールで、認証を受けた人にしか販売、フィッティングができません。また医療用は量販店やAmazonなどでは販売されていません(一般用のフォームソティックスはAmazonでも売っていますが、矯正力は期待できません)

みた接骨院の問い合わせメールで、フォームソティックスについて問い合わせてきたiさんは、長年足裏の痛みを抱えてこられました。立ち仕事imageをしていることもあり、誰もが足裏に痛みを抱えていると思っていたらどうやら自分だけだったことに気がつき、病院に行っても痛みの原因ははっきりせず・・。そのうち自分で足について調べるようになり、英語版の足病医の本などを読んでいるうちにフォームソティックスのことを知り、ネットでみた接骨院のことを知ったそうです。
来院されたiさんはシューズのこだわりや、履き方などをすでに学ばれていたこともあり、こちらの説明や評価についてすんなり理解されたように思いました。またご自分の足を客観的に見て、僕の解説を聞いて長年抱えてきた足裏の痛みの原因がはっきりわかったようです。

写真のように右足の過回内が強く出ており、さらに偏平足のためアーチが落ち込むことによって、足底筋膜の緊張が強まるために足裏に痛みがていることがわかりました。フォームソティックスを入れることで下がったアーチを支え、過回内を予防し正しく体重移動できるようになるはずです。(フォームソティックスになれる時間が必要なので効果を感じ出すのは2〜3週間ほどかかりそうです)

もう1人は僕のトライアスリート仲間のSさんで、2月になってから脛に痛みが出始めて、痛みでランニングがまともにできないと相談を受けました。かなりストイックにトライアスロンに取り組んでおられ、5月の横浜大会に向けて練習量を上げて行きたいタイミングで痛みが出たため、ちょっと焦っています。Sさんはこれまでに脛に痛みが出たことはなく、思い当たる節もなくシューズもさほどへたってはいませんでした。が、実際に足を評価してみると上記のiさん同様に、かなり立派な過回内をお持ちでした。

image

また外反母趾、外脛骨も発見しましたが、ご本人はまったく気がついておらず困っている様子もありませんでした。実はこれまで多くの足を見てきましたが、過回内がある方のほとんどは外反母趾になっています。これは内側に倒れることで母趾の軸が変わって横方向に力がかかるために起こります。そのため母趾の外側にタコが出来ているのも特徴です(上記iさんも全く同じでしたし、これまでフィッティングしてきた方のほとんどが同じところにタコがありました)

フィティングしたシューズを使ってしばらく慣らし履きしていただき、その後本格的な練習に入っていただきます(これまで当たることなかったアーチ部にフォームソティックスが当たるので違和感が出ます)きっと5月の横浜大会では痛みが無い状態で高いパフォーマンスが発揮できることでしょう!自分は横浜大会にはエントリーせず、審判として参加する予定なので隠れてSさんのレースを見守ろうと思います。

ところで先日友人の紹介で小学校2年生の男の子が相談に来られました。お母様から見て歩き方がちょっとおかしいように見える、脛に痛みがある、よく転倒すなどの訴えでした。少し歩いている姿を見ているだけでかなり過回内を起こしていることがわかりました。これまで小学生が過回内で困っているのを見たことがなかったのですが、小学校低学年から起こるということがわかりました。もちろん痛みがなければ問題はないのですが、今回のケースのように痛みがあるとサッカーや野球などを始めると痛みでプレーができなくなる可能性が高いです。対応が早ければ早いほど、足に対する矯正力が働く時間が長くなるので、心配な方はお気軽にご相談ください!!


気温が下がったと思ったら、まさかの雪・・雨や雪なんて降らないと思っているときに降られると、ダメージが大きいですね・・どうか積もらないように

さて、先日ランニングシューズを新調しました。ここ3足ほど同じブランドのシューズがお気に入りで、そのメーカーばかり履いています。日本ではさほどメジャーなメーカーではありませんが、アメリカではトップシェアとの噂です。シューズは1年に1足というルールを設定しており、見た目が綺麗でも、踵が磨り減っていなくても買い換えることにしています。 続きを読む »


今週末は全国的にかなり冷え込む予想が出ていて、大雪が降るところもあるようですね。毎年成人の日~センター試験の頃は寒くなる傾向がありますね。

さて、寒い季節と言えばマラソンシーズンです。箱根駅伝を見てテンションが上がってやたらに練習している方もいらっしゃると思います。先日女性のトライアスリートの方が長年の膝の痛みで来院されました。数年前からランニングすると膝の外側に痛みが出てしまい、休んで楽になり、また走る、また痛むを繰り返していたようです。 続きを読む »


気温が下がり、いよいよ冬な感じです。接骨院内は半分地下で、窓がないため熱が逃げず真冬でもかなり暖かいのが救いです。

さて、11月から導入したKTテープですが、おかげさまで非常に評判がよく、運動するしないに関わらず筋肉や関節のサポートとして非常に効果が上がっています。11月のブログはこちら 続きを読む »


朝から北風が吹き、まるで冬のような状況ですね・・このまま秋は終わってしまうのでしょうか・・

さて、ちょっと前に高校陸上部選手のフォームソティックスをフィッティングしました。これまでとはフィッティングまでのプロセスがちょっと違うので、参考になればと思い残しておきます。 続きを読む »


10月も中旬を過ぎて、すっかり秋らしい気候となりました。やはり湿度が低く気温も下がって楽ですね。

さて、先週の金曜日に恒例の?伊藤超短波さんをお呼びしての勉強会を開催しました。今年はこれで3回目の開催になります。元々は伊藤超短波さんの出している商品をどのように使うと効果が出るか?という勉強会で、教わったことを我々が接骨院で使い、それを担当者にフィードバックするために生まれた勉強会です。 続きを読む »


í
up
Éお問い合わせ