電話 045-831-7577
ホーム院長のブログë 地域貢献・社会貢献

院長のブログ
ë 地域貢献・社会貢献

気仙沼2日目はかなり気温が下がって、一気に冬に突入した感じでした。前日の夜もかなり冷え込み、これだけ寒暖の差があると高齢者には答えるだろうなと思うほど、気温が下がりました。

午前中は気仙沼駅近く(といってもそこそこ距離があります)に出来た、表松川災害公営住宅にお邪魔しました。例によって村上さんにくっついてゆく形です。ここの公営住宅は全部で6棟あるのですが、密集しておらず間に民家を挟んで建っています。おまけに自治会が出来上がっておらず、住民同士が交流する機会があまりないという状況のようです。

IMG_4480

それでもこの日は7名ほどの方が集まっており、お茶っこ(みんなで集まってお茶を飲みながらおしゃべりする)が開催されていました。その輪に僕らも入れていただき、お茶をご馳走になりながら整体をさせていただきました。さすがに集会場には布団等は用意されていないので、座っての整体になりました。お茶っこが不思議なのは、我々のように外部の人間が来てもそれなりに盛り上がって、様々な話題があれこれ出ます。こんなことがあった、あんなことがあったとほんの些細なことでも情報交換の場になり、また自分が溜め込んでいる小さな悩み事や困ったことなどをぽろりとこぼし、そしてそれを聞いてくれる場所があることは孤立しないために重要な要素になっているようです。

IMG_4482

午後からは3年前にご縁を頂いて、i愛NLP協会としてメンタルサポートをしてきたSさんのご自宅にお邪魔してきました。今年の3月に仮設住宅から戸建ての災害公営住宅に移られました。以前暮らしていた仮設住宅に比べると非常に広くて住みやすそうな印象を受けました。道を挟んだ反対側は集団移転の土地となっており、お金を用意できた方々が土地を購入し自宅を建てていらっしゃいます。

IMG_4492

昨年の春にSさんにお会いしたときには仮設住宅の集会場でした。漁師もしているご主人が捕ってきたタコを頂きながら、震災の時にどのように避難所でリーダーシップを発揮したかを聞かせていただいたのを思い出しました。この日はお仕事に行ってお会いできませんでしたが、ご主人が捕ってきたカニをつかった「カニばっとう」という汁物をご馳走になりました。初めてSさんにお会いしたときにも振舞っていただき、とても美味しかったので、僕らがお邪魔することになってご用意くださいました。「ばっとう」はすいとんをもっと薄く延ばしたようなのもで、山梨県の「ほうほう」のような感じです。えのき、にらとカニ出汁があいまって、美味しく頂きました。

仮設住宅から公営住宅に移った方々にこれまで何人にも会ってきましたが、公営住宅に移ったからといって必ずしも幸せとも限らないというジレンマを今回も感じました。仮設住宅は家賃がかかりませんが、公営住宅は家賃がかかります。また5年経つと軽減処置がなくなり、家賃が倍くらいに上がると言われています。また公営住宅に移ってから孤独化する方も多く、知り合いがいないため一歩も外に出ないでテレビを見て過ごすと言う方も多くいらっしゃいます。行政レベルでの復興と、市民レベルの復興は同列では考えられないので、なかなか答えの見つからない感じです。これは現場で支援を続けている村上さんや小野さんたちは肌身で感じている感覚だと思います。

気仙沼を訪ねるたびに町の様子が変わって行き、前進しているように感じますが、目線を下げてゆくと悲しい現実も見られてしまうのはここ2年間の実感です。まだまだ復興には時間がかかりそうです。また来年もお邪魔して現場の空気を感じてこようと思います。


いよいよ10月に入り、今年も残すところあと3ヶ月!?あっという間ですね。10月3日、4日は臨時休診とさせて頂きご迷惑おかけしました。しばらくは通常通りとなりますので、よろしくお願いします。

ということで無事に気仙沼から帰ってきました。3日の朝は雨が降っていたのでどうなるか?と思いましたが、気仙沼は曇りでした。メンバーと落ち合って新幹線で一ノ関に入り、そこからレンタカーで市内に向かい、現地コーディネイターの村上さんと落ち合いました。村上さんとは最初に所属していたボランティア団体で気仙沼を訪問してからお世話になり、もう6年ほどのお付き合いになります。

IMG_4458

この日はM仮設住宅にお邪魔しました。ちょっと不便な山の中腹にある仮設住宅で、アラブの王様からプランターを頂いて、みなさんで植物を植えたりして話題になったことがあり以前お邪魔したときには非常に活気がありました。しかし現在は災害復興住宅に移った方が多く、仮設内はがらんとしており活気がありませんし物音も聞こえません。聞くところによると7所帯しか住んでおらず、普段使っていない棟の廊下はクモの巣だらけでした。

IMG_4462

このM仮設住宅のお世話役をしている方お二人が集会場にいらして、お茶を飲みながら整体をさせていただきました。お二人ともすでにこの仮設住宅を出て公営住宅に引っ越されていますが、イベントや掃除のたびにこちらに来て管理されているようでした。お二人とも非常に明るく、前向きですが「身体の痛みも心の痛みも慢性化してしまった」という言葉が非常に重く響きました。特に心の痛みは形があるものではないので、ご自分の中でこれまであったことをどのように消化して納得できるか?にかかっています。お二人は慢性化して常にそういうものとして受け入れて前に進んでいる様に見えました。自分自身を守るためにはこの方法しかなかったのかもしれません。がちがちの背中を緩めながらこれまでのご苦労を指先で感じました。

IMG_4471

夜は現地でずっとお世話になっている小野さんを招いて夕食会でした。気仙沼の魚貝類に舌鼓を打ちながら、小野さんのこれまでを聞かせていただきました。それこそ5年以上毎年会っていますが、毎回はじめて聞く話ばかりで、どれだけ濃い時間を生きてきたのか??と思わざるを得ません。そしてこれまで個人の資産を崩しながらも弱者を見捨てずに支援を続けている根源は「自分のためだから」というシンプルで深いものでした。長く続く気仙沼でも有名な商家に生まれ育ってきた小野さんは「本家を守る」という重大な責務を背負って生きてきました。親戚も含めて自分の周りの困っている人を本家が面倒を見るのが当たり前として生きてこられました。凛とされていて、筋の通った考えをもたれている小野さんの生き方は、いつ会っても心に響くことを伝えてくださいます。

話に夢中になっていましたが、今年は秋刀魚はちょっと不漁で脂が少なくさっぱりでしたが、カツオは脂が乗っており非常に美味しかったです。またハーモニカ(カジキマグロの背びれ部分)も脂が乗っていて非常に美味しかったです。


10月になりました。風はすっかり秋の風になりましたが、晴れると日差しは強くこんがりと焼けてしまいます。

10月3日4日は理事をしている一般社団法人 i愛NLP協会で気仙沼を訪問するため臨時休診とさせていただきます。ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします。 続きを読む »


9月も中旬になり、秋らしくなったと思いきや台風が日本列島を通過して、各地に甚大な被害をもたらしました。被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

10月3日、4日の2日間、一般社団法人 i愛NLP協会の理事として気仙沼を訪問することになっているため、臨時休診とさせていただきます。ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします。

続きを読む »


すっかり秋らしい空気ですが、太陽が当たるとまだ暑く感じます。昨夜宮古島に上陸した台風は相当の猛威だったようで、この3月に宮古島に移住した友人があまりの台風の強さに驚いていました・・

さて13日に休診にさせていただき、友人の経営する㈱神奈川警備保障50周年記念の新規事業である「メンタルセキュリティー」についての発表会に参加してきました。

IMG_4366

どのような企業でも様々な理由で社員が体調を崩し、退職、休職になる例がありますが、社員1人がやめたり休んだりすると、会社に大きな損失を与えることになります。そこで50年にもわたって会社の外側(建物や財産)を守ってきた神奈川警備保障は内側(人材など)から会社を守る!ということで、臨床心理カウンセラー、メンタルコーチ、各種心理系セラピストなどと連携して社員のメンタルを健全に保つためのサービスを始めることになりました。

今回の発表会では臨床心理カウンセラーの但野さん、メンタルコーチの安宮、太田夫妻がそれぞれ講演し、企業においてメンタルを健全に保つ具体的な方法などを聞かせてくれました。

IMG_4367

臨床心理カウンセラーの但野さんは誰かに話すことが大事だと訴えていました。一人で抱え込んでどんどんと沈んでしまわず、心を許せる人に少しでも話すだけでも充分に効果があり、最悪の事態は防げると言っていました。誰に相談することも出来ずに最悪の結果になる例は、会社に限らず教育現場でも見られることです。最近では学校にもスクールカウンセラーが入ったりして、環境が整いつつあります。大手企業にもカウンセラーを常駐させているところがあるようです。

IMG_4371

またオリンピック選手などにメンタルコーチングしている安宮、太田夫妻は「メンタルコーチングカード」というカードを会社内でも使って、社員の持っているリソースを伸ばす方法を伝授してくれました。実は僕もすでに持っており、カードに書かれた質問に答えるだけで自分が望む方向に行きやすくなる不思議なカードです(実はNLPやエリクソン催眠などの英知が詰まったすごいカードです)

どのような企業でもこれから社員の精神的な健康は重要視され、メンタルエラーで仕事が出来なくなる人が出ないようにするためにはどのような取り組みをすべきか??が問われる時代に入ったと思います。特に医療系、介護系、IT系などはそのリスクが高いと言われています。多くの経営者はそのリスクに備えてゆく必要があるので、もし興味がある方は声をかけてください。メンタルセキュリティーの専門家をご紹介します!!もちろん個人的な心の問題については自分がNLPやコーチングで対処しますよ!!


9月12日の午後は休診にさせていただき、ご迷惑をおかけしています。この日は理事をさせていただいている一般社団法人 i愛NLP協会の定例会議、夜にイベントを開催してきました。

今回はアイスホッケー日本代表のメンタルコーチとして活躍されている株式会社プロコーチジャパンの山家正尚氏をお呼びして、「オリンピック選手のメンタルコーチが明かす意識が全てをつくり出すあり方~使命から原理原則に従い行動する技術~」という題で講演をしていただきました。

IMG_4353

オリンピックに帯同されるコーチと言うことで関心が高かったようで、用意した30席が満員になりました。現在コーチ業をされている方からNLPなどを教えている方など様々な方に参加していただき、さらに現役のJリーガーも参加されていました。

個人的にもコーチングについては非常に興味があり、アスリートに関わって行きたいと考えているので、結果を出されている山家さんがどのようにアスリート、チームと関わっているのか?にとても興味がありました。

IMG_4363

山家さんは自分の舞台で思い切って話せる!ということで、スタートから全開で話して下さいました(笑)心地よいスピード感の中で山家さんが実践して結果を出している理論を色々と話して下さいました。

一般的なコーチングはどちらかと言うと理論的な感じですが、「コーチングは究極の自己対話である」という前提に立っている山家さんは、その自己対話を引き出すコーチングは、予想以上にスピリチュアルな世界観が入っている独自の方法でした。これまで様々なコーチングに触れてきましたが、アスリートが真価を発揮するためにはこんな方法もあったのか!!と目から鱗でした。

IMG_4364

ということで山家さんの講演会は無事に終了しました。参加されたかたがも非常に満足されたようで、今後はコーチングの新しい手法として注目されてゆくかもしれません。

このような講演会の参加費の一部は気仙沼への支援として使わせていただきます。10月3、4日にメンバーと気仙沼に行ってくるので、現地で支援に携わっている村上さんにお渡しする予定です。


7月になり、急激に気温が上がってきました。いよいよ本格的な夏ですね。梅雨はどこへ行ったのでしょうか??このまま空梅雨で終わるのか?それとも??

さて7月最初の日曜日は大磯ロングビーチで開催された「大磯ロングビーチファミリートライアスロン大会」に審判として参加してきました。これで審判として3レース目となります。審判は経験が必要なので、予定が合えばなるべく参加して、色々な部門を体験してレースを安全に運営する方法を学んでいます。 続きを読む »


6月も中旬になり、今年も残り半分になりました。あまりにも時間が経つのが早すぎて、ちょっとビックリです。

さて、6月18日に日産追浜工場内で「日産カップトライアスロン大会」が開催されました。今年で31回目!!とかなり歴史のある大会で、車を運ぶための船着場?で泳ぎ、テストコース内を自転車で走り、工場内をランニングします。長い間、日産の協力を得て開催されている大会です。 続きを読む »


5月も最後の週になりました。この間GWだと思っていたらもう6月です。

さて5月最後の日曜日に高校アメフト春季関東大会が開幕しました。横浜栄高校は神奈川県3位の成績で関東大会に駒を進めることができました。昨年は残念ながらここまで来られませんでしたが、その前の年は関東大会に出場し早稲田大学高等学院に敗れました・・(そのときのブログはこちら)今回もそのときと同じアミノバイタルフィールドでの試合です。 続きを読む »


í
up
Éお問い合わせ