電話 045-831-7577
ホーム院長のブログ ≫ アーカイブ

院長のブログ
Ġ アーカイブ

10月も中旬に入りましたが、急激に気温が下がり長雨が続いています。こうして気温が上下すると隊長の管理が難しいですね・・

さて先日、友人のNLPトレーナーが主催する「メンタルコーチングカードファシリテーター養成口座」に参加してきました。実はすでにカードは手元にあったのですが、講座を受けておらずカードセッションを提供することが出来ないでいました。

IMG_4540

このメンタルコーチングカードは国際メンタルコーチング協会が作ったもので、これまでプロのアスリートや経営者に行ってきた膨大なコーチングをベースに、そこで使われてきたNLP、エリクソン催眠、解決思考などのエッセンスを抜き出してカードにしたものです。クライアントはカードに書かれた質問に答えてゆくと、自分自身が望むゴールにいち早く達することが可能です。

昨日の講座ではコーチングする際の注意点やあり方を学び、かつNLPの要素を入れ込んだ内容でした。またお互いにコーチングセッションを体験してお互いにフィードバックをしあいました。自分もカードを使ったセッションを受けたのですが、カードの質問に答えてゆくと思ってもみない選択肢が出てきたり、新しい視点に気がついたりとNLPを知っていても驚くほどの効果を感じました。またこれまでNLPを学んできたのでカードに書かれている意図や背景が充分に理解できるのでカードを見るたびに「なるほど!」「こういったアプローチもあるのか!!」と感心してしまいました。

IMG_0033

これまでコーチングというとコーチ側のスキル、経験がかなり必要で難しいとされてきました。しかしこのカードを使うとあらかじめ質問が用意されているのでコーチングの難易度は下がります。もちろんクライアントの求めるゴールに導くためにはカードの質問だけでは足りないので、その背景にあるものを感じ取ったり、混乱しているところを整理してあげる能力なども必要です。

先日の講座を受けたことで晴れてファシリテーターとして認定されました。そこでファシリテーター記念として下記のように無料セッションをさせていただこうと思います!!達成したい目標がある、解決したい問題があるなど小さな悩みから、大きな悩みまでぜひご相談ください!!

<こんな方におススメ>
・大会で結果を出したいアスリートや中高生
・勉強したいのにうまく手につかない
・こうなりたいのに制限がかかってなかなか出来ない
・転職しようか迷っている
・いつまでも決断できないことがある
・家族との関係がうまく行かないなど


限定10名様に30分間のコーチングカードを使ったセッションをさせていただきます。30分を超える場合は延長料金を頂きます
※お一人様1回とさせていただきます。
場所・・みた接骨院
時間・・昼休み(13時~14時)夜(20時15分~21時30分)
申し込み・・窓口、電話、メール(問い合わせメール)
お申し込み後に日程を調整して実施となります。


気仙沼2日目はかなり気温が下がって、一気に冬に突入した感じでした。前日の夜もかなり冷え込み、これだけ寒暖の差があると高齢者には答えるだろうなと思うほど、気温が下がりました。

午前中は気仙沼駅近く(といってもそこそこ距離があります)に出来た、表松川災害公営住宅にお邪魔しました。例によって村上さんにくっついてゆく形です。ここの公営住宅は全部で6棟あるのですが、密集しておらず間に民家を挟んで建っています。おまけに自治会が出来上がっておらず、住民同士が交流する機会があまりないという状況のようです。

IMG_4480

それでもこの日は7名ほどの方が集まっており、お茶っこ(みんなで集まってお茶を飲みながらおしゃべりする)が開催されていました。その輪に僕らも入れていただき、お茶をご馳走になりながら整体をさせていただきました。さすがに集会場には布団等は用意されていないので、座っての整体になりました。お茶っこが不思議なのは、我々のように外部の人間が来てもそれなりに盛り上がって、様々な話題があれこれ出ます。こんなことがあった、あんなことがあったとほんの些細なことでも情報交換の場になり、また自分が溜め込んでいる小さな悩み事や困ったことなどをぽろりとこぼし、そしてそれを聞いてくれる場所があることは孤立しないために重要な要素になっているようです。

IMG_4482

午後からは3年前にご縁を頂いて、i愛NLP協会としてメンタルサポートをしてきたSさんのご自宅にお邪魔してきました。今年の3月に仮設住宅から戸建ての災害公営住宅に移られました。以前暮らしていた仮設住宅に比べると非常に広くて住みやすそうな印象を受けました。道を挟んだ反対側は集団移転の土地となっており、お金を用意できた方々が土地を購入し自宅を建てていらっしゃいます。

IMG_4492

昨年の春にSさんにお会いしたときには仮設住宅の集会場でした。漁師もしているご主人が捕ってきたタコを頂きながら、震災の時にどのように避難所でリーダーシップを発揮したかを聞かせていただいたのを思い出しました。この日はお仕事に行ってお会いできませんでしたが、ご主人が捕ってきたカニをつかった「カニばっとう」という汁物をご馳走になりました。初めてSさんにお会いしたときにも振舞っていただき、とても美味しかったので、僕らがお邪魔することになってご用意くださいました。「ばっとう」はすいとんをもっと薄く延ばしたようなのもで、山梨県の「ほうほう」のような感じです。えのき、にらとカニ出汁があいまって、美味しく頂きました。

仮設住宅から公営住宅に移った方々にこれまで何人にも会ってきましたが、公営住宅に移ったからといって必ずしも幸せとも限らないというジレンマを今回も感じました。仮設住宅は家賃がかかりませんが、公営住宅は家賃がかかります。また5年経つと軽減処置がなくなり、家賃が倍くらいに上がると言われています。また公営住宅に移ってから孤独化する方も多く、知り合いがいないため一歩も外に出ないでテレビを見て過ごすと言う方も多くいらっしゃいます。行政レベルでの復興と、市民レベルの復興は同列では考えられないので、なかなか答えの見つからない感じです。これは現場で支援を続けている村上さんや小野さんたちは肌身で感じている感覚だと思います。

気仙沼を訪ねるたびに町の様子が変わって行き、前進しているように感じますが、目線を下げてゆくと悲しい現実も見られてしまうのはここ2年間の実感です。まだまだ復興には時間がかかりそうです。また来年もお邪魔して現場の空気を感じてこようと思います。


いよいよ10月に入り、今年も残すところあと3ヶ月!?あっという間ですね。10月3日、4日は臨時休診とさせて頂きご迷惑おかけしました。しばらくは通常通りとなりますので、よろしくお願いします。

ということで無事に気仙沼から帰ってきました。3日の朝は雨が降っていたのでどうなるか?と思いましたが、気仙沼は曇りでした。メンバーと落ち合って新幹線で一ノ関に入り、そこからレンタカーで市内に向かい、現地コーディネイターの村上さんと落ち合いました。村上さんとは最初に所属していたボランティア団体で気仙沼を訪問してからお世話になり、もう6年ほどのお付き合いになります。

IMG_4458

この日はM仮設住宅にお邪魔しました。ちょっと不便な山の中腹にある仮設住宅で、アラブの王様からプランターを頂いて、みなさんで植物を植えたりして話題になったことがあり以前お邪魔したときには非常に活気がありました。しかし現在は災害復興住宅に移った方が多く、仮設内はがらんとしており活気がありませんし物音も聞こえません。聞くところによると7所帯しか住んでおらず、普段使っていない棟の廊下はクモの巣だらけでした。

IMG_4462

このM仮設住宅のお世話役をしている方お二人が集会場にいらして、お茶を飲みながら整体をさせていただきました。お二人ともすでにこの仮設住宅を出て公営住宅に引っ越されていますが、イベントや掃除のたびにこちらに来て管理されているようでした。お二人とも非常に明るく、前向きですが「身体の痛みも心の痛みも慢性化してしまった」という言葉が非常に重く響きました。特に心の痛みは形があるものではないので、ご自分の中でこれまであったことをどのように消化して納得できるか?にかかっています。お二人は慢性化して常にそういうものとして受け入れて前に進んでいる様に見えました。自分自身を守るためにはこの方法しかなかったのかもしれません。がちがちの背中を緩めながらこれまでのご苦労を指先で感じました。

IMG_4471

夜は現地でずっとお世話になっている小野さんを招いて夕食会でした。気仙沼の魚貝類に舌鼓を打ちながら、小野さんのこれまでを聞かせていただきました。それこそ5年以上毎年会っていますが、毎回はじめて聞く話ばかりで、どれだけ濃い時間を生きてきたのか??と思わざるを得ません。そしてこれまで個人の資産を崩しながらも弱者を見捨てずに支援を続けている根源は「自分のためだから」というシンプルで深いものでした。長く続く気仙沼でも有名な商家に生まれ育ってきた小野さんは「本家を守る」という重大な責務を背負って生きてきました。親戚も含めて自分の周りの困っている人を本家が面倒を見るのが当たり前として生きてこられました。凛とされていて、筋の通った考えをもたれている小野さんの生き方は、いつ会っても心に響くことを伝えてくださいます。

話に夢中になっていましたが、今年は秋刀魚はちょっと不漁で脂が少なくさっぱりでしたが、カツオは脂が乗っており非常に美味しかったです。またハーモニカ(カジキマグロの背びれ部分)も脂が乗っていて非常に美味しかったです。


10月になりました。風はすっかり秋の風になりましたが、晴れると日差しは強くこんがりと焼けてしまいます。

10月3日4日は理事をしている一般社団法人 i愛NLP協会で気仙沼を訪問するため臨時休診とさせていただきます。ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします。 続きを読む »


í
up
Éお問い合わせ