電話 045-831-7577
ホーム院長のブログ ≫ アーカイブ

院長のブログ
Ġ アーカイブ

いよいよ3月も最終日です。世の中は年度末で、4月1日からの新しい1年のスタート準備をしているところもあることでしょう。みた接骨院の前に出来た「洋光台中央整形外科・せぼねクリニック」さんも4月3日の開業に向けて準備が進んでいるようです。

さて先日行った気仙沼の2日目のレポートです。2日目は新しく出来た災害復興住宅(マンションタイプ)にイベントのチラシを入れるのをお手伝いしました。このチラシは僕が気仙沼に関わるようになったきっかけを作ってくれたC.A.T(元チーム恵比寿)さんのもので、4月にここでイベントを開くそうIMG_3390です。このC.A.Tで最初に気仙沼に来たときにたまたま担当させていただいた牧沢仮設住宅からのご縁で繋がり、これまで気仙沼にお邪魔するようになったので、C.A.Tのチラシを自分が入れるのはちょっと感慨深いものがありました。

 

この日は気仙大島と気仙沼が橋で繋がる記念すべき日でした。元々は数日前に予定されていましたが、風が強くてクレーンで橋を吊るのが難しいため延期になりこの日に決行されました。そこで地元の方と一緒に橋が見える場所に移動して工事を見守りました。これまではフェリーでしか大島に渡ることが出来なかったため、震災のときには大島は長時間孤立してしIMG_3397まったようですが、これからは車で渡れるようになります。この橋は約300mですが気仙大島に住む方々にとっては悲願とも言える工事だったそうです。ちなみに開通は2019年3月です。

 

立派な橋を見たあとに、揃って志津川にある三陸さんさん商店街に向かうことにしました。地元の方々も行ったことがないということで、ちょっと距離がありましたが車3台で向かいました。気仙沼からずっと沿岸部を北上して行ったのですが、どこも堤防を作ったり、河川をコンクリートで整備したりと工事続きでした。また道中に見た標識にも「ここから津波浸水地区」と書かれており、こんな場所まで?とリアルに沿岸部の被害を目の当たりにしました。

IMG_3403

三陸さんさん商店街はこの3月にリニューアルしたばかりで、元々あった場所から移転してきました。商店街のすぐ横には志津川防災庁舎が遺構として残されていました。この防災庁舎で最後まで「高台に非難してください!」と呼びかけていた女性が残念ながら命を落とした話は有名です。さんさん商店街は平日にもかかわらずかなりにぎわっており、お土産だけではなく、接骨院や美容室など生活に密着した店舗があったのが印象的でした。

今回はこれまでになくハード面における「復興」の姿を見ることが出来ました。気仙沼だけではなく沿岸部に広がっている工事の様子も復興に向かって進んでいるのを感じました。が、復興住宅に移られた方々が孤立したり、足がないために買い物や病院へ行けないなど、まだまだ問題は山積です。本当の復興にはかなり時間がかかりそうです。次は10月にお邪魔する予定です。


いよいよ3月もあと2日で終わりです。土曜日からは4月です。

さて、患者様には本人からお伝えしていると思いますが、5年にわたってみた接骨院で研修をしてきた増永君が4月1日で退職します。開業と言う夢をかなえるために、増永君は新しいチャレンジをする決意をし、僕もそれを応援することにしました。近い将来、自分自身の夢を叶える一歩を踏み出すはずです。

ということで増永君がいる3月28日、29日と一般社団法人 i愛NLP協会のメンバーと一緒に気仙沼に行ってきました。メンバーと一緒に年に2回お邪魔するようになって3年目になります。

今回も現地コーディネイターの村上さんと2日間一緒に行動し、気仙沼の現状や地域の情IMG_3374報をお聞きしました。午後からは唐桑にある舞根(モウネ)という地域に集団移転した分譲地に伺いました。そこの集会場で医療相談会が開かれたので、そこに合流して整体をさせていただきながら、日々の四方山話を聞かせていただきました。すでに移転してから1年半ほど経っているものの、医療相談会は初めてだったようです。仮設住宅での会話とは違って、生活がある程度再建されているので前向きな話が多かったのが印象的でした。が、山を切り崩して作ったような場所なので、周辺には何もありません・・バスも来ないような場所なので、車がない方は移動も大変です。これが気仙沼の現状です・・。

IMG_3376

医療相談会のあと、地元の方々と一緒に唐桑半島の高台に移動して、気仙大島と気仙沼が橋で繋がる場所を見学しました。翌日に工事を控えているので、まだ陸路では繋がっていません。この橋は構想から50年の月日が経っており、島の住民の方々にとっては悲願だったようです。

夜は村上さん、IMG_3382気仙沼に初めて来たときにお世話になった小野さん、ボラ宿をなさっている熊谷さんの3名を交えておすし屋さんで夕食会でした。それぞれの立場から今関わっていて必要とされていることや現状を聞かせていただきました。実は予約時に小野さんの名前を出して予約をしたのですが、やはり話題「忖度」があり普通ならば出ないようなハーモニカ焼き、本マグロのカマなどが出てきました。やはりどこの世界でも忖度はあるようです(笑)

 

また元船乗りの熊谷さんは、魚の食べ方を熟知しているので、ハーモニカ焼き(カジキの背びれ)やマグロのカマから美味しいところを余すところなくほぐしてくれました(笑)船乗りの方は本当に美味しい部分をよく知っています。おまけに食べ終わって残ったカマは犬にあげるためにお土産で持って買っていましたw

続く


3月も残すところあと1週間です。日曜日、月曜日と寒の戻りでまるで冬のような寒さでしたね。

3月28日、29日とi愛NLP協会の理事として気仙沼を訪問するため、不在となります。何かとご不便をおかけしますがよろしくお願いします。

さて、最近はすっかりランニングに対するモチベーションが落ちていて、近所を走ることが少なくなってきました。レースも入れていないためモチベーションの低下も原因だと思います。かといって何もしないのも面白くないので今月に入ってからすぐ近所の円海山あたりを走るようになりました。といっても本格的なトレランではなく、ハイキングに毛が生えた程度のジョギングペースです(笑)

12年も洋光台で仕事をしているのに、これまで円海山周辺を歩いたこともなく、患者様から話を聞く程度の知識しかありませんでした。そこで手始めに環状3号線から山のほうに入り、横横の上をまたいでいる橋を渡って瀬上池までくだり横浜栄高校の下に出るルートを走ってみました。これまでアスファルトしか走っていなかったので、砂利道や土を走るのは新鮮で足にかかる負担も相当減った感じがしたのでグダグダのペースで走ってもそこそこ楽しく走れることがわかりました。

IMG_3352

そこで先週末はさらに距離を伸ばして、バイクでいっしんどう広場まで行き、そこから鎌倉天園を目指して走ることにしました。前の州のコースと比べていわゆるトレランぽい感じがテンションをあげてくれ、さらに自然に囲まれて走る気持ちよさを経験してしまいした。またときおりすれ違うハイカーの方々との挨拶や、道を譲るときに交わす言葉がかなり心地よく、トレランを楽しむ人が増える理由もわかった気がします。

かなり心地よく走れて、テンションが上がったところ天園の手前の分岐点で道が良くわからなくなってしまい、引き返すことにしました(笑)一応地図を持って走ったのですが、鎌倉市に入ると極端に案内板がなくなり、初めての人にはルートが良くわかりません・・。とんでもないところに出ても困ってしまうので折り返すことにしました。

すっかり走るリズムがわかり、フォームも意識出来てきたところで気が緩んだようで?わき見をして走っていたら石を踏んでまさかの捻挫(涙)それもバイクを止めているところまでまだ3kmほどあります・・。といっても走ると痛みがあるのでビっこ引きながら歩くしか方法がありません(汗)これまでアメフトで何度も捻挫を繰り返しているので靭帯が伸びきっていて関節が緩いためあまり腫れませんが、着地するたびに痛みが走ります・・。そのうち痛みは多少和らいだのですが、走ることは出来ず時間をかけて出発点に戻りました。

IMG_3354

ほろ苦い初トレランはまさかの形で終了しました。その足で見た接骨院に駆け込んだことは言うまでもありません(笑)捻挫は所期の治療が大事なんです!と口をすっぱく患者様に伝えているのでその通りにしました。おかげで今はかなり楽に歩けるようになりました。

トレランのように不正地を走ったり歩いたりすると身体の使い方が変わってきます。バランスを崩しても体幹が安定していれば次の足は出てきますし、足や足指の筋肉が反応することで走りも安定するようになります。特に下りでの身体の使い方はかなり変わると思います。が、一歩間違えると足首を捻挫するというリスクを背負っているので、注意は必要です。個人的には次回から足首に予防用のテーピングを巻いてゆこうと思います。


3月も後半に入り、一雨ごとに春の足音が聞こえます。桜も少し膨らんできたようです。春ももう少しですね。

桜と言えばお花見、お花見と言えば美味しいもの?僕は修行時代に一人暮らしをして料理をしていたことや、実家が日本料理屋だったと言う背景もありますが基本的に美味しいものを食べるのが大好きです。その流れから自分で色々と試しながら何かを作るのが楽しくて仕方がなくなりました。といっても決して豪華なものではなく、死なない程度に食べられるもの、または完成までに時間はかかるけれどたいした手間のかからないものばかり作っていることに気がつきました(笑) 続きを読む »


先週は2件のフォームソティックスのフィッテイングを行いました。それも珍しく?男性が2名でした。

※みた接骨院で扱っている「フォームソティックス」というインソールは医療用矯正インソールで、認証を受けた人にしか販売、フィッティングができません。また医療用は量販店やAmazonなどでは販売されていません(一般用のフォームソティックスはAmazonでも売っていますが、矯正力は期待できません)

みた接骨院の問い合わせメールで、フォームソティックスについて問い合わせてきたiさんは、長年足裏の痛みを抱えてこられました。立ち仕事imageをしていることもあり、誰もが足裏に痛みを抱えていると思っていたらどうやら自分だけだったことに気がつき、病院に行っても痛みの原因ははっきりせず・・。そのうち自分で足について調べるようになり、英語版の足病医の本などを読んでいるうちにフォームソティックスのことを知り、ネットでみた接骨院のことを知ったそうです。
来院されたiさんはシューズのこだわりや、履き方などをすでに学ばれていたこともあり、こちらの説明や評価についてすんなり理解されたように思いました。またご自分の足を客観的に見て、僕の解説を聞いて長年抱えてきた足裏の痛みの原因がはっきりわかったようです。

写真のように右足の過回内が強く出ており、さらに偏平足のためアーチが落ち込むことによって、足底筋膜の緊張が強まるために足裏に痛みがていることがわかりました。フォームソティックスを入れることで下がったアーチを支え、過回内を予防し正しく体重移動できるようになるはずです。(フォームソティックスになれる時間が必要なので効果を感じ出すのは2〜3週間ほどかかりそうです)

もう1人は僕のトライアスリート仲間のSさんで、2月になってから脛に痛みが出始めて、痛みでランニングがまともにできないと相談を受けました。かなりストイックにトライアスロンに取り組んでおられ、5月の横浜大会に向けて練習量を上げて行きたいタイミングで痛みが出たため、ちょっと焦っています。Sさんはこれまでに脛に痛みが出たことはなく、思い当たる節もなくシューズもさほどへたってはいませんでした。が、実際に足を評価してみると上記のiさん同様に、かなり立派な過回内をお持ちでした。

image

また外反母趾、外脛骨も発見しましたが、ご本人はまったく気がついておらず困っている様子もありませんでした。実はこれまで多くの足を見てきましたが、過回内がある方のほとんどは外反母趾になっています。これは内側に倒れることで母趾の軸が変わって横方向に力がかかるために起こります。そのため母趾の外側にタコが出来ているのも特徴です(上記iさんも全く同じでしたし、これまでフィッティングしてきた方のほとんどが同じところにタコがありました)

フィティングしたシューズを使ってしばらく慣らし履きしていただき、その後本格的な練習に入っていただきます(これまで当たることなかったアーチ部にフォームソティックスが当たるので違和感が出ます)きっと5月の横浜大会では痛みが無い状態で高いパフォーマンスが発揮できることでしょう!自分は横浜大会にはエントリーせず、審判として参加する予定なので隠れてSさんのレースを見守ろうと思います。

ところで先日友人の紹介で小学校2年生の男の子が相談に来られました。お母様から見て歩き方がちょっとおかしいように見える、脛に痛みがある、よく転倒すなどの訴えでした。少し歩いている姿を見ているだけでかなり過回内を起こしていることがわかりました。これまで小学生が過回内で困っているのを見たことがなかったのですが、小学校低学年から起こるということがわかりました。もちろん痛みがなければ問題はないのですが、今回のケースのように痛みがあるとサッカーや野球などを始めると痛みでプレーができなくなる可能性が高いです。対応が早ければ早いほど、足に対する矯正力が働く時間が長くなるので、心配な方はお気軽にご相談ください!!


3月も真ん中に差し掛かり、気温が上下するたびに春がやってきたんだと感じる日が続いています。

さて3月12日に横浜栄高校でアメフト部OB戦が行われたので、卒業生の3年間を見てきたこともあり顔を出してきました。3年生はすでに無事に?卒業式を終えており、その3年生+栄高校OBが集まって現役選手たちと試合をするのが恒例になっています。今年の卒業生は人数が多かったのでオフェンスもディフェンスもユニットを組めていました。またちょうど大学を卒業したOBや現役でフットボールをしているOBも顔を出してくれました。

今年の3年生は春、秋ともに関東大会に進むことは出来ませんでしたが、TVKの「部活応援プロジェクト・しゃかりき」という番組に取り上げられて、春秋ともに密着取材を受け数回にわたって放送されたのである意味記憶に残りました(笑)

image

赤がOBチーム

さて、試合はOBの攻撃から始まりました。体力的な問題もあり、パスプレーを中心に前進します。現役ディフェンスは食い下がりますが、さすが経験の差でちょこちょこパスを通されなかなかオフェンスのチャンスが回ってきません。そのうちパスでTDを取られ流れに乗れません。返す現役のキックオフリターンは、OBの戦略でボールを奪われオフェンスのチャンスを失い自陣内からディフェンスをすることに・・。不利な状態から流れを止められず追加点を許し前半は0対14で折り返します。

image

青い稲妻が駆け抜けました(OBです)

後半に入っても現役オフェンスは、OBディフェンスにことごとく止められて、リズムに乗れません。逆にOBオフェンスはランプレーとパスプレーを織り交ぜてどんどん時間を使ってきます。おまけにやたらに楽しそうにプレーしているので、すべてが上手い方向に転がって現役の時には出来なかったようなプレーがやたらに出ます(笑)逆に現役ディフェンスはずるずると進まれて何もさせてもらえません・・そのうちにTDを2本追加されてタイムアップ・・

今回のOB戦はOB達が楽しみながらフットボールをしたことで躍進し、現役を飲み込みました。3年間の積み重ねはこういったときにものを言うようです。大学に進学してフットボールを続ける選手は昨年ほど多くないようですが、高校3年間のアメフト生活で学んだことを糧に、大学や浪人生活を送ってもらいたいと思います。

顧問の先生と試合前に立野高校や栄高校のOBたちの話をしました。思い起こすとたくさんの選手たちが高校フットボールを通じて大学や社会人になっていっています。関東大会に出た学年、印象的だった学年、あまり目立たなかった学年もあったりとそれぞれに思い出があります。かれこれ10年近く高校アメフトと関わってきているので、懐かしい名前を聞くたびに自分も年をとったことを自覚しながら、こうやって学生たちを送り出せる喜びを感じました。さあ春大会まであと3週間です!


3月11日

あの震災から6年の月日が経ちました

6年で変わった街並み
6年で変わらない人々の暮らし
6年で変わらない心の問題

いろいろな6年があります

image

報道では3月11日が近づくと盛んに現地からの放送が増えます
そして復興しているような印象を与えています
表面上はそう見えますが、弱い方々の声は届いていません

本当の復興はいつやってくるからは分かりません
どれほどの時間が必要かも分かりません

だからこそ、心を寄せて「忘れない」

合掌

 


3月9日は「サンキュー」ということで感謝の日です。そしてみた接骨院の開業記念日でもあります。おかげさまで開業して12年経過し、干支が一周しました。

image

12年前の今日、夢を希望を持ってスタートし毎日コツコツと積み重ねてきたら12年も経っていたというのが本音です。もちろん晴れの日も雨の日も台風の日も地震の日もありました。良いことも悪いこともいろいろありましたし、嬉しい出会いも別れもありました。それでもこうして12年間、大きな怪我も病気もなく無事に過ごしてこられたことに心から感謝しています。

健康な身体に生んでくれた両親、毎日送り出してくれる家族、たくさんの患者様、縁があってみた接骨院で働いてくれた歴代のスタッフ、兄弟子や友人と関わってくださったすべて方々のおかげです。本当にありがとうございます!!

干支が一周したということで、自分の中では新しい気分です。10年で区切りなのかな?と思ったのですが12年での区切りのほうがキリが良い気がします。

13年目の新しい1歩も感謝と共に、いつも笑顔で自分も周りもハッピーになるような毎日を送ってゆこうと思います。

image
また4月からはお向かいに整形外科が開業されることになりました。これも何かのご縁なので、連携させていただきながら洋光台に住む皆さまを健康にするためのサポートを引き続きさせていただこうと思います!

さあ新しい旅の始まりです!!道まだまだ続きます!引き続きみた接骨院をよろしくお願いします!!!

 


花粉症の季節になったようです。幸いなことに僕は花粉症ではないですが、マスクにティッシュが手放せない方が増えています。

さて3月5日にトライアスロン仲間の加藤さんが宮古島に移住し、めでたく結婚式を挙げたので1泊2日の弾丸便でお祝いに行ってきました。宮古島と言えば、日本のトライアスロン界ではかなり有名な「宮古島トライアスロン大会」が開催されており、島を挙げてトライアスロンを応援してくれる場所でもあります。 続きを読む »


í
up
Éお問い合わせ